チョウセンアサガオの種と実は危険!朝鮮朝顔の花言葉|成分&画像

Sponsored Link

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)という、花の種を使って、2016年11月9日(水)に、兵庫県姫路市の居酒屋の、まかない料理の中に混入して、大学生の方が意識不明の重体となっているそうです。

そんあ、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の種、実、花はどれが一番危険なのか、花言葉や成分&画像は何なのか検証していきたいと思います。

ですので、皆さん最後までお付き合いよろしくお願いします。

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の種・実・花はどれが一番危険?

チョウセンアサガオ、朝鮮朝顔

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の種・実・花の中では、一番危険なのはどれでしょうか。

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の花は、ナス科で、もし誤って口にしてしまうと約30分程

度で喉がとても乾いてきて、体のふらつき、幻覚、妄想、悪寒などの危険な症状に襲われるようです

ので恐ろしいですよね><

そして、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の危険な症状の中では、幻覚症状が異常なくらい表れて、自分が自分でなくなる人も中にはいるそうなので、恐ろしい症状が慢性的にやってくるようです。

まだ、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)での危険で最悪なケースはないそうですが、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)は、”ダチュラ”という別の言い方でもとても危険な方向で流行っています。

ですので、今回の事件では、まかない料理に、種を混入して意識不明になりました。

そして、実では約30分後にめまい、鬱症状、瞳孔が肥大・脈が早くなる・幻視などの症状が表れた事例があるそうです。

また、花では、意識障害・幻覚などの症状が表れた事例があるそうです。

なので、危険な順で行くと、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)は、種→実→花の順なのではないかと個人的には思います。

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の花や種・実なんて、普段みかけることはないと思いますが、危険なので皆さんは絶対に触ったり、関わったりしないようにしましょう!

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の花言葉

チョウセンアサガオ、朝鮮朝顔

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の花言葉ってなんでしょうか。

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の花言葉は、『偽りの小悪魔的な魅力』『愛敬』『変装』『夢の中』『あなたを酔わせる』『愛嬌』などがあるようですね。

そして、英語の花言葉では
『deceitful charms』(小悪魔的なかわいさ)

なので、花言葉とチョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の特に危険な幻覚症状は怖いくらい一致してますね!

ちょっと妖艶な感じで、悪い感じの花言葉のようです。

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の成分&画像

Sponsored Link

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の花・実・種の成分や画像は何なのでしょうか。

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の主な成分は、

ベラドンナアルカロイド( アトロピン、スコポラミン、ヒオスチンなど)で副交感神経系の神経節の伝達を遮断するような危険成分のようです。

そして、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)を他の植物や物と間違えた症例として

・チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)根とゴボウを間違える.
・ チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の開花前のつぼみとオクラを間違える.
・ チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の葉をモロヘイヤ,アシタバなどと間違える.
・ チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の種子とゴマを間違える.

など、中身の成分だけではなく、外見(画像)も他の物や植物と間違えやすいというのも危険な花ですね。

また、チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)の外見(画像)は一mほどで茎はよく枝分かれする。葉は大型の卵型で、長さ十~二十センチメートル、幅七~十五センチメートル。

なので、とても外見(画像)は大きいのですね!

開花時期は5月~11月にかけて長さ十~十五センチメートルほどの漏斗状の白い花を咲かせる。がくは筒状で、長さ四~五センチメートル、先が五つに分かれる。果実は球形で直径三~五センチメートル。短いとげが多数付いており、中に多くの種子が入っているそうです。

チョウセンアサガオの種と実は危険、朝鮮朝顔の花言葉、成分&画像についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする