白イチゴの画像!値段&産地どこ?味・価格の違い何?ジョブチューン

Sponsored Link

白イチゴが『ジョブチューン』という番組に登場して、話題になっていますが、白イチゴって自分は初めて見ました!

皆さんは、白イチゴを見た&食べた事はありますか?

白イチゴは、とても貴重だと言われていますが、白イチゴの画像、値段&産地どこなのか、味・価格の違い何なのか検証していきたいと思いますので、皆さん、最後までお付き合いよろしくお願いします。

『ジョブチューン』の番組に白イチゴ(画像)が登場!

白イチゴ、ジョブチューン

『ジョブチューン』の番組に白イチゴ(画像)が登場しましたが、白イチゴ(画像)の歴史は実は、30年近く前ととても長いようです!

では、なぜ白イチゴ(画像)の人気がここまで高いのでしょうか。

その理由としては、白イチゴ(画像)と普通の赤いイチゴとの見た目のギャップにあるようです。

そして、白イチゴ(画像)の見た目は、とても酸っぱそうな感じがしますよね?ですが、実は、糖度が12度以上あり、見た目とのギャップで食べてみると、『何だ!?とても甘いじゃないか』となるので、その意外性でとても人気がでているようなのです。

また、白イチゴの最初の名称は、『初恋の香り』という名前で販売された歴史があり、東京のデパートでは、白イチゴ(画像)と赤イチゴの紅白の詰め合わせ商品を販売されたりしているのです。

「実は、誕生したのは20年前なんです。弊社と福島県の育種家の方とで共同開発したのですが、20年近く掛けて毎回同じイチゴがなるように“品種固定”を行い『初恋の香り』ができました」。

商品化まで長〜い年月を経て、ようやく一定の品質を確保したものの、最初は生産を依頼した農家に「イチゴは赤いから売れるんだ。こんな白いものは売れないよ」と断られたこともあったという。そういう苦労をひとつひとつクリアして、いよいよ昨年12月に販売を開始したわけだ。

引用元:KADOKAWA

上記のように、白イチゴ(画像)の最初の販売では、とても苦労があったようですが、今では、大人気商品となっているのですごいですよね!

 『ジョブチューン』の番組に白イチゴが登場!値段&産地はどこ?

白イチゴ、ジョブチューン

『ジョブチューン』の番組に白イチゴが登場しましたが、値段&産地はどこになるのでしょうか。

白イチゴの値段は高い物になると、ひと粒500円以上、するものもあり、産地は全国色々ありますが、こちらでは、佐賀県の産地をご紹介したいと思います。

  • 商品名
    白いいちご「天使の実」
  • 内容量
    天使の実 1箱 (450g以上 / 8~15粒)
  • 生産者
    佐賀県唐津市いちご農家
  • 販売期間
    12月~4月(無くなり次第終了)

    引用元:Kyushu Yokadoichi

上記の白イチゴの値段は、1箱(8粒~15粒)入で、平均的な価格=5000円となっていますので、それ以上の値段がする場合は、より高級な白イチゴですので、味もさらに美味しいと囁かれています^^

佐賀県の産地では、九州の中ではどこの産地でも栽培されているわけではなく、6つのイチゴ農園だけで、栽培されており、九州では貴重な白イチゴの産地となっているようです。

『ジョブチューン』の番組に白イチゴが登場!価格&味の違いは何?

Sponsored Link

『ジョブチューン』の番組に白イチゴが登場しましたが、どこにでもある普通の赤いイチゴと価格&味の違いは何でしょうか。

普通の赤いイチゴであれば、スーパーなどで1パック300円~500円くらいの価格なので、白イチゴと比べると、1粒あたりの値段が、赤いイチゴの1パックの値段になっているので、そう考えますと、価格の違いにはびっくりですよね!(笑)

また、白いイチゴと赤いイチゴの味の違いとしては、やはり、赤イチゴと比べて糖度が少し高くジューシーで甘いという違いがあります。

『ジョブチューン』の番組で紹介された、白イチゴはどこの産地でも栽培できるわけではないので、何ども品種改良を重ねているので、結果的に、白イチゴの価格が高くなっているというわけです。

白イチゴの画像!値段&産地どこ?味・価格の違い何?ジョブチューンについてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする