クリスマス島のカニ画像!アカガニは食用料理?塩味?仰天ニュース

Sponsored Link

クリスマス島で大量発生しているカニについて、『世界が仰天ニュース』2016年12月21日(水)PM9時~の番組で取り上げられていましたね。

クリスマス島は、カニの他にも『塩』なども有名です。

クリスマス島のカニの画像、アカガニは食用料理として食べる事ができるのか、味は何なのか、塩についても検証していきたいと思います。

ですので、皆さん、最後までお付き合いよろしくお願いします。

クリスマス島はカニだけではなく食用塩(画像)も有名!仰天ニュース

クリスマス島、塩

クリスマス島は、アカガニというカニが約1億匹の大群で10月~1月にかけて、海からクリスマス島の地域に向かって大移動をする事が仰天ニュースで有名ですが、カニだけではなく、食用塩(画像)も有名になっています。

その食用塩の名前は、『クリスマス島の海の塩』という名前で画像がありますので参考にされてください^^

・『クリスマス島の海の塩』

容量=750g

価格=1600円

こちらの食用塩が画像になっています。

 
 
 
 
 

また、食用塩の種類も何種類かあって、ネット通販で、『クリスマス島の海の塩』を使ったコスメ商品も購入できますので、皆さん、良かったら注文されてみてはいかがでしょうか^^

恐らく仰天ニュースでは、あくまで、アカガニというカニがメインなので、食用塩について、触れられないかもしれませんが参考になればと思います(笑)

クリスマス島のカニのアカガニの大群画像!仰天ニュース

クリスマス島、アカガニ

クリスマス島のカニのアカガニの大群の画像がないか調べてみました。

仰天ニュースでは、アカガニが道路を埋め尽くしていた画像が流れていましたが、あそこまで大量発生している画像を観るとかなり不気味ですね(笑)

しかし、クリスマス島のカニのアカガニは、毎年恒例の行事であるかのように、大量発生して大移動しているらしいので、

住民の方達は、カニと共存している状況らしいのです。

そのクリスマス島の場所は、キリバス共和国の島々のひとつで、ハワイの南約2,000キロにあるそうです。

ですので、クリスマス島の住人の方達は、カニのアカガニを、もはや保護しているらしいので、仰天ニュースにもならないくらい空気と同じ存在感なのではないでしょうか。

クリスマス島のカニのアカガニは食用料理?味は?仰天ニュース

Sponsored Link

仰天ニュースに登場した、クリスマス島のカニのアカガニは、食用料理として食べれるのでしょうか、そしてカニの味はどんな味なのでしょうか。

クリスマス島のカニは、一応、住民の方達にしては、食用料理として食べれるようなのですが、あまりにも味が美味しくない事から、次第に食用料理として適さなくなったのが、アカガニが大量発生している原因にもなっているようです(笑)

味は、『クリスマス島の海の塩』をつけて、食用料理として昔はあったそうですが、ホントに美味しくないらしいです・・・

仰天ニュースのカニの画像を見た時に、皆さんは食用料理として食べたいと思いましたか?

んー、自分は味を考えるだけでも嫌だったので、そんな目ではこのカニを見ないようにしました(笑)

そして、仰天ニュースでとりあげられた、アカガニの生息している、クリスマス島なんて、遠くてなかなか観光さえ気軽にいけないですよね(笑)

ですが、そんな時は、バーチャル世界で体験されるのもありかなと自分は思いますよ^^

グーグル・アースのVR(バーチャル・リアリティー)が発売されましたので関連記事にしてあります。

時間に余裕のある方は、これを使ってクリスマス島をこっそり体験してみてはいかがでしょうか^^

http://komocham.com/archives/764

クリスマス島のカニ画像!アカガニは食用料理?味は?仰天ニュースについてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする