クローン人間&動物いる?現在羊ドリー・リチャードは?仰天ニュース

Sponsored Link

『ザ世界仰天ニュース』の番組が、2017年2月15日(水)PM21時~あり、『クローン人間』について検証されていました。 クローンとは、遺伝子と呼ばれるDNAを操り、クローン人間やクローン動物を誕生させる技術ですが、クローン動物の代表でいえば、1997年に世界初の『クローン羊ドリー』などが昔誕生していましたよね!

そして、アメリカ・シカゴ州の科学者『リチャード・シード』氏が、クローン人間を誕生させると発表していて。自らがクローン人間の実験台になるとお話していましたが、

実は、資金&技術力がとぼしくて、スポンサーなども思うように集まらず、残念ながら、実験は失敗に終わっているのです・・・Σ(・∀・;)

あれから、新たな、クローン人間の&動物はいるのかや、現在の羊ドリー&リチャード・シード氏はどうなっているのか、まとめてみました!

皆さん、最後までお付き合いをよろしくお願いします^^

クローン人間を誕生させようとしたリチャード・シードとは?仰天ニュース

クローン人間、仰天ニュース

『仰天ニュース』の番組でもとりあげられた、クローン人間を誕生させようとした、リチャード・シード氏とはいったいどのような人物なのでしょうか。

クローンといえば、日本では原因不明の難病に指定されている『クローン病』という恐ろしい病気も自分は想像してしまうので、クローンという言葉自体に少し恐怖を感じています(笑)

リチャード・シード氏とは、1928年、アメリカのシカゴ州で誕生しており、現在88歳~89歳という高齢の物理学&科学者です。

1949年に、アメリカの超有名大学『ハーバード大学』に入学し何と『学士号・博士号・修士号』を取得されているとんでもない頭が良い方です!

そして、1995年12月に、リチャード・シード氏は『クローン人間計画化』という発表を全米から世界に向けて発信されているのです。

『仰天ニュース』にとりあげられるかはわかりませんが、まずは、1997年にクローン動物の羊ドリーの誕生は成功しているので、クローン動物の偏見は少なからずありましたが、認知はされてきていました。

ですが、世間から『クローン人間』という訳のわからない計画にバッシングをかなり受けていましたが、あくまで、リチャード・シードの目的は、現在の世界において、不妊治療に悩む女性・家庭の為に約に立ちたいという思いがあったとされていますが、世間の人達からは好奇の目でみられていたようですので可哀想ですよね・・・

『仰天ニュース』の番組でクローン技術の関心はまた高まるとは思いますが、現在では、AI(人工知能)の方が関心が多くなっているので、クローン技術の未来は明るくはないのかなと思います。

リチャード・シードの計画クローン人間&動物はいる?仰天ニュース

クローン動物、仰天ニュース

リチャード・シード氏がクローン人間を誕生させようと、自らを実験台にしようとしていましたが、結局、現在クローン人間&動物はいるのでしょうか。

もしいるのなら、これこそ現在の『仰天ニュース』にふさわしいのですが(笑)

結論から言いますと、現在もクローン人間はいるという情報はありません。

なぜかと言いますと、世界的に倫理性をいちじるしく汚すとしてクローン人間誕生については禁止されています。

そして、日本でも2001年から『クローン技術規制法』ができており、全面的にクローン人間を誕生させることを禁止されています。

しかし、クローン動物の研究の方は、『仰天ニュース』にとりあげられた『羊ドリー』の誕生から現在も続いているようですが、さすがに人間のクローンとかは皆さんもいらないと思いますよね?(笑)

クローン人間計画をしたリチャード・シードとクローン羊ドリーの現在は?仰天ニュース

Sponsored Link

『仰天ニュース』でとりあげられている、クローン人間計画をしたリチャード・シード氏とクローン動物の羊ドリーは現在いるのでしょうか。

まずは、『クローン羊ドリー』についてですが、残念ながら2003年に6歳6ヶ月の年齢で、進行性の肺疾患病にかかり天国にいっています。(羊の寿命は約10歳~12歳程度)

ですが、クローン動物の羊ドリーのDNAを受け継いで、2007年に新たにクローン羊が4頭誕生していて、現在も元気にしているようです。

ドリーは、6歳の雌羊の乳腺細胞からのクローニングによって誕生した。そして2007年には、ドリーのクローニングで使われたものと同じ乳腺細胞株から、新たに4頭の羊がつくり出された。

すべてがフィン・ドーセット種の雌である羊4頭(デビー、デニス、ダイアナ、デイジーと名づけられた)は現在9歳だが、それぞれ大きな問題もなく年を重ねており、ドリーが患った変形性関節炎の徴候はわずかに見られる程度だ。

引用元:CONDE NAST

そして、クローン人間を誕生させようとした、リチャード・シード氏の現在ですが、実験を失敗に終わった後に、ラエリアン・ムーブメント(スイスに本部のある進行宗教団体)に協力を依頼されていますが、

現在、全面的にクローン人間の誕生を禁止されていますので、『仰天ニュース』の番組にとりあげられたとしても、計画は未だ胸の内にしまっておかなくてはならくなっているようです。

また、『仰天ニュース』の関連記事もありますので、皆さん、お気軽に読まれてくださいね^^

クリスマス島のカニ画像!アカガニは食用料理?塩味?仰天ニュース
クリスマス島で大量発生しているカニについて、『世界が仰天ニュース』2016年12月21日(水)PM9時~の番組で取り上げられていましたね...

クローン人間&動物いる?現在羊ドリー・リチャードは?仰天ニュースについてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする