エアポッドは防水機能?発売日の延期理由&片方紛失したら保証は何?

Sponsored Link

”エアポッド”(Air pods)という、新型ハンズフリー型のイヤホンをアップル社がウェブサイトで発売を開始しましたが、気になるのは、防水機能が付いているのか、発売日の延期理由は何なのか、エアポッドの片方を紛失したら保証は何かあるのか気になる方も多いと思います。

なので、エアポッドについて検証していきたいと思いますので、皆さん、最後までお付き合いよろしくお願いします。

エアポッドが発売日を延期していたのは防水機能をつけていたから?

エアポッド、アップル

エアポッドは、当初10月が発売日とされていましたが、発売日が延期になってしまったのは防水機能をつけていたのでしょうか。

エアポッドは、ハンズフリーで音楽を聴くだけでなく、Siriを使って、電話・音声検索・音量調整などもでき、一回のフル充電で役5時間連続で聴く事ができるそうです。

また、充電ケースを使用した場合、24時間駆動し、15分の充電で約3時間連続で聴く事ができるようになっていますが、気になるのは防水機能があるのかです。

iphone7に防水機能が付きましたがエアポッドには防水機能はまだついてない様子ですね。

ですので、エアポッドに防水機能を付けていたから、発売日が延期になってしまった理由はなさそうです。

なので、既に他社製品では、防水機能が付いているイヤホンが発売されているのが理由として、Apple社は、今後のエアポッドのマイナーチェンジで、防水機能は必ずついてくると自分は思いますし、そうしないと、iphone7を防水機能付きで、わざわざイヤホンジャックをなくして発売した意味がなくなるし、もったいないですよね。

製品のポイント

Appleによるデザイン

自動でオンになり、自動で接続

すべてのApple製デバイスをワンタップで設定(1)

ダブルタップで瞬時にSiriへアクセス

24時間以上のバッテリー駆動時間(充電ケースを使用した場合)(3)

ケースですばやく充電

豊かで質の高いオーディオと音声

デバイス間の切り替えはシームレス

技術仕様
重量
AirPods(左右各):4 g
充電ケース : 38 g

サイズ
AirPods(左右各):16.5 × 18.0 × 40.5 mm
充電ケース:44.3 × 21.3 × 53.5 mm

接続
AirPods:Bluetooth

充電ケース:Lightningコネクタ

AirPodsセンサー(左右各):
デュアルビームフォーミングマイクロフォン
デュアル光学センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー

電源とバッテリー
AirPodsと充電ケースの併用:24時間以上の再生時間(3)、最大11時間の連続通話時間(6)
AirPods(1回の充電):最大5時間の再生時間(2)、最大2時間の連続通話時間(5)
充電ケースで15分充電:3時間の再生時間(4)、または1時間以上の連続通話時間(7)

システム条件
iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル
watchOS 3以降を搭載したApple Watchのモデル
macOS Sierra以降を搭載したMacのモデル

互換性
購入のご相談は、
お電話 0120-993-993
または チャット で

iPhoneの各モデル
iPhone 5
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone SE

iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus

iPhone 7
iPhone 7 Plus

iPadモデル
iPad mini 2
iPad Air
iPad Air 2

iPad mini 3
iPad mini 4
iPad Pro(9.7インチ)
iPad Pro(12.9インチ)

iPodの各モデル
iPod touch(第6世代)

Apple Watchの各モデル
38mmケース
42mmケース

引用元:Apple inc

上記の様に、エアポッドの抜釘手術の持ちや、他の機能は申し分ないと思いますので、エアポッドにも今後、防水機能がついて発売されるのを自分も願っています。

エアポッドの発売日延期の理由は何?

エアポッドが当初10月に発売開始となっていましたが、約2ヶ月もの間、発売日を延期していた理由は何なのでしょうか。

アップル社によると、アップル製品は準備が整うまで出荷しないと、かねてから言われていますし、世間では何か不具合が見つかったのが理由なのでは?とされていましたが、自分は少し違う意見です。

エアポッドの発売日延期の理由として、これは、アップル社のマーケティング戦略なのではと思いますね。

なにより、10月をエアポッドの発売日とするより、12月の方が、クリスマスプレゼントなどで、消費者の購買意欲も高まるし、私達、消費者の印象にも後々大きく残るのではと感じています。

それと、最近は、サムスン製品の発火問題や、電子機器の不具合などが相次いでいたので、予防対策を入念にチェックしていたのが、エアポッドの発売日延期の理由として大きく考えられそうですが、皆さんは、エアポッドの発売日延期の理由は何か思い当たる点はありましたか?

エアポッドは片方紛失したら保証は何かあるの?

Sponsored Link

エアポッドはハンズフリーのイヤホンなので、もしかしたら、知らぬ間に片方だけエアポッドを紛失してしまう可能性もあると思いますが、片方紛失した場合でも保証は何かあるのでしょうか。

米アップル社では、2013年の5月にスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」と携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の水濡れで不具合が起きて、集団訴訟となり保証をめぐって約53億円を支払う事でで和解しているようですが、エアポッドも防水機能がついてないとなると、最悪の場合、エアポッドをつけままシャワーやお風呂に入ってしまって水濡れして不具合が起きる可能性もあると思います。

現在、アップル製品には、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証期間と90日間の無償電話サポートが付いているのが現状です。

そして、AppleCare(アップルケア)+for iPhoneという保証に入るとiphoneでは、購入から2年間が保証期間対象となっているので、エアポッドも当然、保証期間というのはあると思います。

しかし、エアポッドを片方だけ紛失してしまった場合の保証が何かあるのか、保証期間の内容が何なのかは、Apple社のホームページで質問されていた方もいましたが、まだ詳しくは、出ていない状況のようです。

また、エアポッドの防水機能、保証期間の情報が入り次第追記したいと思いますので、皆さん、ご了承ください。

エアポッドは防水機能?発売日の延期理由&片方紛失したら保証は何についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする