スナヤツメの絶滅危惧種の画像|ロケ地&場所はどこ?鉄腕ダッシュ

Sponsored Link

スナヤツメという淡水魚の絶滅危惧種に指定されている魚がいるのですが、2017年1月22日(日)PM19時~『鉄腕DASH』の番組で、多摩川上流のアユを追っているところ、TOKIOの城島茂さんと、山口達也達が、『スナヤツメ』を発見したらしいので、これからとても注目されるのではないでしょうか。

スナヤツメは一生に一度見れるか見れないかの人もいるので、貴重なスナヤツメの画像や、『鉄腕ダッシュ』のロケ地&場所はどこなのか検証していきたいと思います。

ですので、皆さん、最後までお付き合いよろしくお願いします。

スナヤツメは(画像)絶滅危惧種の魚に!鉄腕ダッシュ

スナヤツメ、鉄腕ダッシュ

『鉄腕ダッシュ』で紹介された、スナヤツメは絶滅危惧種の魚になっていますので画像は何なのでしょうか。

スナヤツメは、淡水魚で一生を過ごし、やはり、水や川が綺麗な所でないと生き続ける事がシビアなのだそうです。

そして絶滅危惧種に指定されているので、スナヤツメを発見できる人は本当に少ないと言われていますが、『鉄腕ダッシュ』のロケ地&場所でTOKIOの城島茂さん&山口達也さんは何か持っていますね!(笑)

そんな、スナヤツメの画像は、ウナギのような画像で、食用としても唐揚げなどに料理をして食べる事ができるようです。

絶滅危惧種のスナヤツメの魚のロケ地&場所はどこ?

スナヤツメ、鉄腕ダッシュ

『鉄腕ダッシュ』のスナヤツメの絶滅危惧種の魚のロケ地&場所はどこなのでしょうか。

情報では、絶滅危惧種のスナヤツメを発見したのは、多摩川のようですが、多摩川の全長は、約138kmととても長く、山梨県・東京都・神奈川県を流れている一級の河川になっています。

そして、多摩川の水源の場所は、山梨県甲州市の笠取山が水源となっていて、ここから多摩川に水が流れていて、奥多摩湖の小河内ダムの下が最上流になっているようです。

また、奥多摩湖の上流を遡ると丹波川(たばがわ)と名前が変わり、さらに上流に遡ると一之瀬川になりますので、今回、どこにでもいない絶滅危惧種として発見されたスナヤツメは、水の綺麗な多摩川の上流との事ですので、『鉄腕ダッシュ』のロケ地&場所としては、山梨県の上流との見方もできますね。

また、『鉄腕ダッシュ』の番組で、絶滅危惧種のスナヤツメのロケ地&場所がどこかまとめ次第、追記したいと思いますので、皆さん、ご了承ください。

『鉄腕ダッシュ』の絶滅危惧種のスナヤツメの生息場所はどこ?

Sponsored Link

鉄腕ダッシュの絶滅危惧種のスナヤツメの生息場所はどこになるのでしょうか。

実は、『鉄腕ダッシュ』のロケ地の場所以外にも、全国で、絶滅危惧種のスナヤツメが生息している場所はあるのです。

絶滅危惧種のスナヤツメの主な生息場所は、北海道・本州・四国・及び吸収の一部のどこかで生息場所になっていて、スナヤツメの全長は20cmほどに成長するようです。

そして、全国の絶滅危惧種のスナヤツメの生息場所によって、呼び方も異なってきます。

長野県=ギナ・新潟県=ノッペ・秋田県=スナモグリ、カギヤツメ

上記のように、『鉄腕ダッシュ』のロケ地&場所以外でもスナヤツメは生息しているようですが、本当に水が綺麗な場所にしか生息していないようですので、そうなると人の気配がない綺麗な水の場所という事になりますので、どこでもいなくて発見する事が難しいといわれている理由です。

また、絶滅危惧種のスナヤツメの目は8つあると言われていますが、画像では2つしかないように見えます。

そして、スナヤツメ種類は2種類ほどいるようです。

スナヤツメの謎とは、「日本のスナヤツメには2種類が含まれる」ということです。

富山大学の研究チームによると、スナヤツメには日本のおよそ中部地方以北に生息する「北方種」と九州、四国、東北地方や韓国に生息する「南方種」がいることが明らかになっています。

北方種と南方種は形態的にほとんど区別できません。しかし、2種の両方が生息する地域では北方種は北方種のみ、南方種は南方種のみで群れを作ること、両者の間には遺伝的に大きな違いがあることが明らかにされています。

引用元:動物JP , 2017

絶滅危惧種のスナヤツメの販売価格や餌・飼育方法についての関連記事もありますので、皆さん、お気軽に読まれてくださいね^^

スナヤツメの画像|販売価格&絶滅危惧の種類は何?餌や飼育方法は?
スナヤツメという、絶滅危惧に認定されている魚を、『鉄腕ダッシュ』の番組で、TOKIOの山口達也さん&城島茂さん達が、多摩川上流で発見し、...

スナヤツメの絶滅危惧種の画像|ロケ地&場所はどこ?鉄腕ダッシュについてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする