清水富美加は洗脳された!?宗教に出家で坊主?費用と退会者数は?

Sponsored Link

”清水富美加”(しみず ふみか)(22歳)が、突然、芸能活動を引退して、『幸福の科学』という宗教団体に出家して活動に専念すると発表して、芸能人を引退する移行を示しています。

ですが、清水富美加さん自身は、昔から一家揃って宗教団体を信仰しているようで、出家に関しては突然の事ではないとお話しされています。

『幸福の科学』の宗教に出家している信者数は現在、芸能人も多数いて、世界100ヶ国以上で1000万人以上はいるようですが洗脳疑惑もでているようで退会する人も多いようなんです・・・

ですので、清水富美加さんが宗教団体に出家とは洗脳されたのか、坊主頭になるのか、費用と退会者数について検証していきたいと思いますので、皆さん、最後までお付き合いよろしくお願いします。

清水富美加は宗教団体に出家とは洗脳された!?

清水富美加、画像

清水富美加さんが『幸福の科学』という宗教団体に出家されるのは洗脳されているからなのでしょうか。

清水富美加さん自身に芸能活動に何らかの支障がでて行き詰まっている様子が、約1年前のブログで語られています。

ずっと幼い頃から宗教団体と芸能活動との二足のわらじでお仕事をしていた為、洗脳状態っぽくなっているようなネガティブな事実がそこには語られていました。

「幸福の科学に出家する」という理由で芸能界から引退するとスポーツ紙で報じられている若手女優の清水富美加。突然の引退劇に波紋が広がっているが、2016年3月5日に更新された自身のブログでは、かなりの不安を吐露していた。

 清水は「最近生きてる気がしませんでしたが なんとかまた、行けそうです」と伝え、「平坦な日々でしたが、平坦にしてるのは自分でした。憂鬱な日々でしたが、憂鬱にしてるのは自分でした」と猛省。続けて、「出来ないことの方が多い上に故に色んなことにビビってばっかりで色んなことに甘えてばっかりで億劫になってだらついてました。そして開き直ってました。まじゴミクズでした。今年もまた色んなやばいことが私を待っているだろうけどそこで終わりたくないです」と不安を吐露していた。

 しかし一方で、「次のステージが何か あんま分かってないけど 次のステージに行きたいです。今なにかのステージにいるんだから次のステージもあるんだろうと思います。あんまり分からないならそれを探すステージかもしれないですね」と芸能界引退を示唆する内容も書き込んでいた。

引用元:リアルライブ

上記のように、清水富美加さん自身が現場に満足していなかったようで、『次のステージ』へ行きたいと言っていたと言う事は、約1年前から『幸福の科学』という宗教団体へ出家しようと考えていたのではと自分は思います。

もし、そうだとすれば、計画的に考えているように思えますが、自分がわからない?というレベルまでいたとすれば洗脳状態になっている可能性も十分ありえますよね・・・

そして、その答えが芸能人を引退して宗教団体に出家ですか・・・

洗脳状態であれば、この先、清水富美加さんの人生が180度変わってしまうことは誰の目から見ても明らかな事ですが、『幸福の科学』の宗教団体には、『anjewel(アンジュエル)』というアイドルグールプが最近結成されていますので、出家したら元芸能人という広告塔として、メンバーに加入の可能性もあります。

清水富美加は洗脳された!?宗教団体に出家したら坊主になる?

清水富美加さんに洗脳疑惑があがっていますが、『幸福の科学』の宗教団体に出家したら坊主(ボウズ)頭になる可能性はあるのでしょうか。

自分が思うには、すでに宗教団体に出家している会員数が世界中で1000万人を超えていますし、その分退会者数も多いようなんですが、アイドルグールプなども結成されているということは、さすがに坊主頭になるのは支障がでてくると思いますし、何より1000万人もの信者数をコントロールするのは、洗脳状態になっていても不可能に近いのではないでしょうか。

ですので、清水富美加さんが出家して坊主頭になる可能性は極めて低そうに思います。

清水富美加は洗脳された!?宗教団体に出家の費用・退会者数は?

Sponsored Link

清水富美加さんのご家族揃って『幸福の科学』という宗教団体を信仰されているようなので費用もかなりかかるのではないでしょうか。

退会者数も多いのは何か大きな原因がありそうですが。

そして、幼い頃から信者でしたら、普段周りとあまり違和感を感じなくなっているでしょうし、マヒしてご自身は洗脳状態とは思ってないかもしれませんが、その状態だったら、もはや一番危険ですよね・・

『幸福の科学』への宗教団体の費用については、このようになっているようです。

『宝島』2010.5 
「ニッポンの新宗教!」から  ──信者に訊いた! あなたの年間費用はいくらですか?

幸福の科学信者 入信5年目のAさんの場合  [48歳・男性・教員]
※あくまでも一例であって、平均コストではありません。また決められた会員以外はすべて信者の任意

① 植福(布施) 1,2000円
 (1口月額1,000円からの口座引き落としの寄付。10,000円以上の植福に入ると大黒天信者と呼ばれ尊敬される)

② 学園植福 100,000円
 (幸福学園への寄付。任意)

③ 支部祈願料 20,000円
(1回5,000円×4回分。「経済繁栄祈願」「悪霊撃退祈願」を各2回)

④ 精舎祈願料 30,000円
(1回分。精舎で行われる特別な祈願。「英会話ベラベラ祈願」「ダイエット祈願」などがある)

⑤ 秘法代 300,000円
 (1回分。格上の精舎で月10回ほど行われる特別祈願)

⑥ 研修費 160,000円
 (30,000円×2回分 / 50,000円×2回分。宿泊費込)

⑦ 大川総裁講演会参加費 30,000円
 (10,000円×3回分)

⑧ 経典菩薩費用 180,000円
 (菩薩とは、教団に対するさまざまな寄与。大川隆法氏の1,800円の新刊経典を100冊まとめ買いした)

計 832,000
※各金額や行事の回数などの規定は一定しておらず、時折変動する.

引用元:QHS  

上記のように、入会費用はかからないようですが、年間費用が100万円近くかかる状態な感じです。

また、スピリチュアルな本・ビデオ・お守りなどのグッズもありそちらは任意でしょうが費用がかかるようです。

そして、退会者数に関しては、退会する時は、『退会届・誓約書』なる書面をきちんと書いて、『幸福の科学』の宗教団体の承諾が必要になるようです。

2009年から2010年での比例区での得票数の半減は、シンパ層が半減したと考えるのが自然でしょう。
あとは、党員数=ほぼ活動信者数、と考えると分かりやすそうです。
2009年の段階では、13267人。2011年では9862人。割合で言うと、9862/13267*100=約74%となり、2年で約四分の一の信者が教団を去った計算になります。現役信者の方、どうでしょうか。実感として、大体合っている感じがするのではないでしょうか。
前述のように、2012年には更に退会の切っ掛けとなる事件が幾つかあったわけで、そこから更に激減しているだろうことは想像に難くないです。
ということで、そろそろ、退会者と信者のバランスが逆転しそうな予感がします。(アンチの中には、「もうとっくに逆転している」という人もいるかとは思います。

引用元:幸福の観測所

上記のように、日本では2009年~2011年の間に、宗教団体へ出家している信者数が3500人の退会者数がでているようですので、単純に年間数千人の退会者数がでている現状にあたります。

これが洗脳状態が解けての退会者数かは定かではありませんが、清水富美加さんも出家して、退会する時には複雑な手続きが必要になってくるかもしれないので心配でもありますね・・・

清水富美加は洗脳された!?宗教に出家で坊主?費用と退会者数はについてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする